講演:聞くことが主軸の「大人の対話力」とは何か

人口減少社会を生き抜くヒントが満載

 

希望と勇気が湧いてくるセミナーです

これまでの「人口急増・画一的社会」では、「話すこと・相手に伝えること」が重要だった。

 ・大声で、大勢に、営業トーク・プレゼン。誰にでも「同じモノ」を提供。

 ・「大勢のメンバーを、同じ方向に動かしていく」マネジメントスタイル。

 

これからの「人口急減・多様化社会」では、「聞くこと・相手を理解すること」が重要になる。

 ・関係性を構築し、状況・課題を把握。個別に「ソリューション」を提供。

 ・「少数のメンバーに、主体的に動いてもらう」マネジメントスタイル。

 

⇒では、どうすればよいのか?

内容

「サポーティブリスニング」の研修テキスト(抜粋)を用いながら、「なぜ、これからの時代は『聞くこと』が大切なのか」「そのために具体的にどうしていけばよいのか」ということについて詳しく解説します。

 

ノウハウを教える研修ではなく、「これからの時代に対応するためにどうすればよいのか」について、考える題材を提供することを目的としています。そのため、経営陣や管理職の方々を対象にしていますが、問題意識の高いビジネスパーソンの方々であれば、どなたでも歓迎いたします。

 

⇒いかに現在の企業とビジネスパーソンが「聞くこと」を疎かにしているか。その現状を認識する。

⇒「ビジネスでメリットを得るための聞き方」とはどのようなものか。その全体像やセオリーを

 体系的に理解する。

 

公開セミナー・公開講座

どなたでも参加できる公開セミナー公開講座を開催しています。

 

2017年8月開催

●公開セミナー

  聞くことが主軸の

   「大人の対話力」とは何か

  ⇒8/2(水)15:00~17:00

 

●公開講座

  サポーティブリスニング

  ⇒8/7(月)9:30~18:30

 

●公開講座

  ストーリーシェアリング

  ⇒8/21(月)9:30~18:30

 

 

2017年10月開催

●公開セミナー

  聞くことが主軸の

   「大人の対話力」とは何か

  ⇒10/17(火)15:00~17:00

 

●公開講座

  サポーティブリスニング

  ⇒10/4(水)9:30~18:30

 

●公開講座

  ストーリーシェアリング

  ⇒10/11(水)9:30~18:30