相手の良き理解者になる研修:サポーティブリスニング

相手の良き理解者になるための聞き方を、ロジカルかつ体系的に学ぶ研修です。

★本研修は、どなたでも受講できます。

●顧客の課題や、部下の状況・本音などを聞き出し、それを踏まえて的を射た提案や指導ができる

 ようになる。たんなる「傾聴」ではなく、話しやすいように相手をサポートしながら、詳しい話や

 深い話を聞いていく、聞く力に関する総合的な技術が習得できます。

●ベーシックコース、アドバンストコース があります。

 ・まずは、ベーシックコースを学んでいただきます。

 ・一回あたりの適正受講者数は16名~48名です。

  受講者が16名以上集まれば、インハウスでの研修提供を承ります。

●当社主催の公開講座で、実際にベーシックコースを受講できます。⇒公開講座のご案内はこちら

●価格は、両コースとも一人38,000円(税抜)です。

研修の位置づけ

以下にあるように、対話には「何を話す?」「どう話す?」「何を聞く?」「どう聞く?」

という4つの要素があります。この中で「どう聞く?」という部分に「大きな穴」があります。

本研修の位置づけは、この「大きな穴」を埋めるものだと考えてください。

ベーシックコースの内容

●研修の目的

 本研修の目的は、「聞く力」を強化して受講者の皆さんの対話力を向上させることです。

 ( 対話力とは、「会話によって合意を形成する能力」を言います。 )

 

 世の中は、合意の形成によって動いています。特にビジネスは、企業と顧客・取引先、上司と

 部下、部署と部署などの間で、合意が形成されることによって動いています。

 ですから、すべてのビジネスパーソンにとって対話力は必要だと言えます。

 

 対話力というと、つい「話す力を強化しよう!」と考えがちです。しかし、対話には「話す」

 「聞く」という二つの要素があります。そして、多くの人は「話すこと」ばかり考えていて、

 「聞くこと」をおろそかにしており、「話す⇔聞く」のバランスを欠いてしまっています。

 そのため、「話す力」よりも「聞く力」を伸ばすほうが、簡単だしメリットも大きいのです。

  

 本研修で学ぶ聞き方を実践すると、「相手の良き理解者」になることができます。ビジネスで、

 顧客や部下、上司の良き理解者になる。プライベートで、家族や友人などの良き理解者になる。

 そうすると、相手にとって皆さんの存在感が高まり、言うことに聞く耳をもつようになります。

 その結果、対話力(会話による合意形成能力)を向上させることができるのです。

 

 では、相手の良き理解者になるためには、どうすればよいのでしょうか。それには、

 ★相手の伝えたいことを「汲み取る」  ★自分が聞きたいことを「掘り下げる」

 という2つの聞き方をマスターする必要があります。

 

 この2つを可能にするのが、本研修で学ぶ「サポーティブリスニング」です。

1.はじめに

   ①研修の目的

   ②研修の位置づけ

   ②相手を無理なく動かす「大人の対話力」

 

2.全体像の理解

   ①サポーティブリスニングとは何か?

   ②詳しい話、深い話を聞いていくために

   ③全体像の理解

 

3.サポーティブに話を聞くために必要な項目の理解

   ①基本的な配慮をする 

   ②興味・関心・問題意識をもつ 

   ③相手の頭の中を想像しながら質問する

   ④ゆったりと話につき合ってあげる

   ⑤相手の立場になって親身に話を聞く

   ⑥考えを深めるための題材を提供する

 

4.フレームと具体的なノウハウの理解

   「カラオケで、自分が聞きたい歌を相手に大いに歌ってもらう」というイメージで、

   話を聞くプロセスをフレーム化。それに沿って具体的なノウハウを理解する。

   ①話しやすい雰囲気を作る ⇒ 歌いやすい雰囲気を作る

   ②聞きたいことの主旨を問いかける ⇒ 歌って欲しい曲をリクエストする

   ③話し出しやすい質問から始める ⇒ 歌い出しやすいようにイントロを流す

   ④聞きたいことを、どんどん話させる ⇒ 調子をとりながらどんどん歌わせる

   ⑤相手の立場になって親身に話を聞きながら、会話を活性化させるための

    題材を提供する ⇒ 自分も一緒に盛り上がり、サビは一緒に熱唱する

   ⑥しゃべり過ぎたと後悔させないようにする ⇒ アフターフォローする

 

5.演習

   ①「相手の話したいこと」を汲み取りながら聞いていく

   ②「自分の聞きたいこと」を掘り下げながら聞いていく

 

6.活用について

   ①研修で学んだことの総括 

   ②効果を上げるために受講後に取り組むべきこと

   ③ステップアップについて

 

7.最後に

   ●「良き理解者」になるために本当に大切なのは、ノウハウやテクニックではなく、

    「誠実に、相手を思いやり、よく理解しようと努めること」であることを強調して終了

 

当社では、これまでに多種多様な企業に対してインハウスでの研修提供を行っています。

豊富な経験が御座いますので、どうぞ安心してご相談ください。 

当社へのご相談は、連絡フォーム をご利用ください。

 

注1 当社の講演・研修コンテンツは普遍性があるため、ほとんどアレンジを必要としませんが、

   アレンジをお求めになる場合には、アレンジフィーを別途申し受けます。

注2 講演・研修の提供に際し、交通費・宿泊費・印刷代などの必要経費が発生する場合、実費を

   申し受けます。

注3 価格は2017年8月現在のもので、予告なく改定される場合があります。すべて税別。

当社へのご連絡、お問い合わせは、連絡フォームをご利用ください。

コラム連載のお知らせ

ご覧いただけましたか?

日経ビジネスオンラインで好評連載

新任管理職の対話術

メールマガジン配信情報

公開講座開催日程

どなたでも参加できる公開講座を

東京と上海で定期的に開催中です

       ⇒詳しくはこちら

東京開催

 ●サポーティブリスニング

  ・8/21(火)

  ・9/19(水)

  ・10/16(火)

  ・11/15(木)

 ●ストーリーシェアリング

  ・10/10(水)

 

上海開催

 ●サポーティブリスニング

  ・9/12(水)

「サポーティブリスニング」

「ストーリーシェアリング」は

クロスロード(株)の登録商標です。