vol.417 => わざと打たせたボディは効かない・・・

□■□■---------------------------2017.8.21---□■□■

     【クロスロード辻口の「対話上手になるメルマガ」(毎週月曜日配信)】

□■□■----------------------------------□■□■

 

クロスロードの辻口です。

 

今日は、

 

       わざと打たせたボディは効かない・・・

 

というお話です。

 

 

最近、「クレーム対応」について考察を重ねています。

 

クレーム対応のポイントは、相手の「主張」ではなく「立場」を聞くことです。

 

これ、サポーティブリスニングを受講した方は、よくおわかりですよね(^^)。

 

とはいえ、クレームを言っている人の話を聞くのは、やはり気が重たいものです。

 

「そんな時、勇気を与えてくれる言葉はないかなぁ」と思って、ちょっと探してみました。

 

そこで見つけたのが、「わざと打たせたボディは効かない(モハメド・アリ)」というものです。

 

 

「キンシャサの奇跡」と呼ばれる、1974年10月30日のプロボクシングWBA・WBC世界統一ヘビー級タイトルマッチ。

 

王者ジョージ・フォアマンと挑戦者モハメド・アリが対戦し、アリが劇的な逆転KO勝利をおさめました。

 

この試合で、アリがとった作戦が、「まず相手に打たせて疲れさせる」というものでした。

 

それまで圧倒していたフォアマンは、第6ラウンドから疲労が目立ち始め、パンチの手数・威力ともに減少。

 

そして、第8ラウンド。残り16秒。疲れが足にきたフォアマンは、ニュートラルコーナー付近でバランスを崩します。

 

振り向いたところを、アリはすかさず顔面に右・左・右・左・右の5連打を浴びせかけ、フォアマンはたまらずダウン。

 

「象をも倒す」といわれたパンチ力をもつフォアマンは、長いラウンドを闘った経験が少なく、そこを突いたアリの作戦勝ちです。

 

わざと打たせたボディは効かない。そう自分に言い聞かせて、アリは若いフォアマンの猛攻にひたすら耐えたそうです。

(当時、アリ32歳。フォアマン25歳)

 

 

明石家さんまさんは、この「わざと打たせたボディは効かない」というアリの言葉に、大きな影響を受けたそうです。

 

さんまさんは、かつて離婚して多額の借金を負い、さらに世間からのバッシングも浴びて、窮地に立たされたことがあります。

 

何をやってもうまく行かない。何を言っても世間は好意的に受け取ってくれない。

 

そういう時は、運が好転するまで、世間の風向きが変わるまで、きちんと打たれなければいけない。

 

でも大丈夫。わざと打たせたボディは効かないから。

 

そのうちに、必ず相手は疲れてくる。

 

そう自分に言い聞かせて、逃げることなく、バッシングを受け止め続けたそうです。

 

 

大丈夫。わざと打たせたボディは効かない。そのうちに、必ず相手は疲れてくる。

 

クレームに対処する時、そう自分に言い聞かせてみてはいかがでしょうか。

 

------------------------------------------

 

自主的に学びたい個人の方や、少人数を受講させたい企業の皆さんのご要望にお応えするため、

どなたでも受講できる公開講座を東京と上海で定期的に開催しています。

 

お申込みは、このメールに折り返しご連絡ください。 詳しくは ⇒ https://www.kikidasuchikara.jp/event1/

 

2017年9月(上海)

 ●講演 相手を無理なく動かす「大人の対話力」とは何か

  9/11(月)15:00~17:00

 

 ●研修 サポーティブリスニング

  9/13(水)9:30~18:30

 

 

2017年10月(東京)

 ●研修 サポーティブリスニング

  10/4(水)9:30~18:30

 

 ●研修 ストーリーシェアリング

  10/11(水)9:30~18:30

 

 ●講演 相手を無理なく動かす「大人の対話力」とは何か

  10/17(火)15:00~17:00

 

------------------------------------------

 

▼話をわかりやすくするために、割り切った表現をすることがあります。どうぞ、ご容赦くださいませ。

 

▼本メールで得たノウハウや考え方、ヒントなどを、転用、転載、転送するのは、まったく構いません。

 断る必要も出典を明示する必要もありません。遠慮なさらず、どんどん使い回してください(^^)/

 

▼本メールに折り返していただければ、いつでも辻口と連絡がとれます。どうぞお気軽にご連絡ください。

 

▼本メールは、サポーティブリスニング、ストーリーシェアリングを学んだ方々など、

 当社とご縁のある方、配信を依頼された方々に対してお送りしております。

 

▼配信先・登録内容の変更、解除などの方法について

 ●メルマガ配信システムから送られている場合(送信元が「クロスロード株式会社」の場合)

  こちら http://goo.gl/W9lonx にアクセスしてください。 

 

 ●辻口のアドレスからBCCメールで送られてきている場合(送信元が「辻口寛一」の場合)

  企業によって、メルマガ配信システムからのメールが拒否されてしまう場合があります。

  そうした方に対しては、私個人のアドレスから手動でお送りしています。

  配信先・登録内容の変更、解除などが必要な場合は、折り返しご連絡ください。

 

 よくわからない場合は、お気軽に折り返しご連絡ください。

 

▼バックナンバーは、弊社WEBサイトの「メールマガジン」にて閲覧できます。

 

▼当社の業務に関するお問い合わせも、本メールに折り返しご連絡ください。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■発行元 :クロスロード株式会社 http://www.kikidasuchikara.jp/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Copyright (c) 2017 CROSSROADS,INC. All Rights Reserved.

 

公開講座開催日程

どなたでも参加できる公開講座を

東京と上海で定期的に開催しています。

 

2017年10月開催(東京)

 ●講演:相手を無理なく動かす

    「大人の対話力」とは

  ⇒10/17(火)15:00~17:00

 

 ●研修:サポーティブリスニング

  ⇒10/4(水)9:30~18:30

 

 ●研修:ストーリーシェアリング

  ⇒10/11(水)9:30~18:30

 

 

2017年12月開催(上海)

 ●講演:相手を無理なく動かす

    「大人の対話力」とは

  ⇒12/5(火)15:00~17:00

 

 ●研修:サポーティブリスニング

  ⇒12/7(木)9:30~18:30

 

 

2017年12月開催(東京)

 ●講演:相手を無理なく動かす

    「大人の対話力」とは

  ⇒12/12(火)15:00~17:00

 

 ●研修:サポーティブリスニング

  ⇒12/19(火)9:30~18:30

 

 ●研修:ストーリーシェアリング

  ⇒12月はお休みです

 

 

「サポーティブリスニング」

「ストーリーシェアリング」は

クロスロード(株)の登録商標です。