vol.193 => 「問いかける」という行為の力・・・

□■□■--------------------------------------2013.1.28------□■□■

【クロスロード辻口の、「聞き出す力」を考察するメルマガ】
                http://www.cross-r.jp/

■□■□-----------------------------------------------------■□■□

2/13(水)19:30~ 今年最初のオープンセミナーを開催します。

タイトルは・・・、
 「問いかける力:自社の商品の必要性を認識させる問いかけの方法」。

ずいぶん、タイトルがシンプルになりましたね(笑)。

営業マンや彼らを教育する立場の人たちにとって、ヒントになるお話を
たくさんしますよ。それから、採用担当者など「意思決定に立ち会う」
ことを仕事にしている人たちにも、とても参考になると思います。

お申込みは、このメールに折り返しご連絡くださいね。

■□■□-----------------------------------------------------■□■□

クロスロードの辻口です。

お恥ずかしいことに、先週は風邪でダウンしていました。

インフルエンザではなかったのですが、39度近くの熱が出てしまい、
それがなかなか下がらず、寝たり起きたりの状態が続きました。

メルマガの配信もできず・・・汗。

ホントに申し訳ありません <(_ _)>


でも、寝込んでいると、いろんなことを考えるものですね。

忙しい時には思いつかなかったような発想が、次々と浮かんできて、
それを枕元のノートに書き留めていたら、結構な量になりました。

これ、セミナーで使えそうだなあ。まとめるのが楽しみです(^^)。

そう考えると、たまには寝込むのも悪くないかも。なんてね(苦笑)。


そういえば、前回(1/16)のメルマガは、おかげさまで大反響でした。

ある社長からは、「ウチの営業マンに言いたかったことを、とてもうまく
まとめてくれたよ。有難う!」と感謝されました(^^)。

また、ある方は「ベンツの営業マンとのやり取りをイメージしていたら、
ホントにベンツが欲しくなってきちゃいましたよ」とか(^^)。

面白いですよね。こういう反響があるから、メルマガはやめられません。


それで、風邪で寝ている間、ずーっと「問いかける」ということについて
考えていました。

「問いかける」という行為には、「相手に考えさせる」という大変な力があります。

たとえば、私は10年ほど東川口という街に住んでいますが、
とはいえ、ふだん「東川口の魅力は何か?」なんて考えることはありません。

でも、誰かから「私は東川口に住もうかと考えているんですが、この街の魅力って
何でしょうか?」と聞かれたら、東川口の魅力について考え始めますよね。

「問いかける」という行為には、「相手に考えさせる」という大変な力がある。

やり方次第では、「お客さんに商品の必要性を考えさせる」こともできるんです。

これって、すごいことではありませんか?


でも、ほとんどの人は「問いかける」という行為の力に気付いていません。

そして、「言い聞かせる」という行為ばかりしています。

上司は部下に、説教ばかりしている。

営業マンはお客さんに、説得ばかりしている。

違いますか・・・(^^)


誤解してほしくないのですが、私は「言い聞かせることは必要ない」と
言っているわけではありません。

ただ、そればかりではダメだと言っているんです。

「言い聞かせる」「問いかける」をセットにすると、大きな効果があるんです。

多くの管理者が、「部下が自分で考えて動こうとしない」と悩んでいますが、
これは、自分が指示命令や説教ばかりしていて、「問いかける」ということを
していないからなんです。


そして、多くの営業マンが、お客さんを「説得」しようとしています。

これは、「完全に間違い」です。

皆さんは、「営業マンから説得されて買った商品」ってありますか?

たぶん、ありませんよね。

人は、よほど力の差が無い限り、他人から説得されて動くなんてことはないんです。

ましてや、お客さんが営業マンに説得されて動くなんてことは、まずありません。

ただ、営業マンと話しているうちに、お客さんがその商品の必要性に気付いて、
購買行動につながることがあります。

多くの営業マンは、それを「自分が説得した」と誤解しているんです。


それでは、営業マンの方々に質問です。

「お客さんに、あなたが扱っている商品の必要性を認識してもらうには、
どんなことを問いかけたらいいでしょうか?」

なかなか、難しいでしょ(^^)。

でも、これ、なかなか面白いお題だと思いませんか?


こうしたことを考える「手がかり」となるお話を、たくさんするのが
次回2/13(水)19:30~21:00に開催するセミナーです。

今年、初めてのオープンセミナーです。

よろしければ、自社の営業マンの方や、お知り合いの営業マンの方などにも、
ぜひご紹介ください。「受講してよかった」と感謝いただけると思います。

お申込み、ご紹介などは、このメルマガにそのまま返信する形でご連絡ください。
辻口にそのまま転送されます。


---------------------------------
2013年 第1回目のオープンセミナーのご案内です。

「問いかける力:自社の商品の必要性を認識させる問いかけの方法」

営業マンにとって、お客さんが自社の商品の必要性を自分で考えて、
「欲しい」と思ってくれたら、こんなにラクなことはありませんよね。

適切な「問いかけ」を行うことで、こうしたことが可能になるんです。

では、どうすればよいのか…は、セミナーにて(^^)。

営業マン、採用担当者など「意思決定に立ち会う仕事」をしている方は
必見のセミナーです。

●問いかける力:自社の商品の必要性を認識させる問いかけの方法

●日時  2/13(水)19:30~21:00 (19:00開場)

●場所  東京都中央区日本橋人形町1-11-12
     リガーレ日本橋人形町アネックス
     最寄駅:水天宮前駅 人形町駅
     昨年までのセミナー開催場所とは異なります。ご注意ください。

●料金  5,000円

●申込  本メール( mailmag@cross-r.jp )に折り返しご連絡ください。
     

---------------------------------

●編集後記

今年から「聞き出す力」をキーワードにした事業展開をするにあたって、
当社のホームページも内容をリニューアルしました。
http://www.cross-r.jp/

簡単な内容で、お恥ずかしい限りですが、よかったら覗いてみてくださいね。

---------------------------------

※ 本文中、話をわかりやすくするために割り切った表現をしています。
  ご容赦くださいませ。

※ 本メールで得たノウハウや考え方、ヒントなどを、転用、転載、転送
  するのは、まったく構いませんし、出典を明示する必要もありません。
  遠慮なさらず、どんどん使い回してください(^^)。

※ 「辻口にひと言!」という方は、本メールにそのままご返信ください。

▼配信停止・配信先変更をご希望の方は、お気軽に折り返しご連絡ください。
 または、こちらからお手続き願います。⇒ http://bit.ly/jBefzV

▼その他、本メールに関するお問い合わせは mailmag@cross-r.jp まで。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■発行元 :クロスロード株式会社  http://www.cross-r.jp/ ┃
┃■発行人 :辻口 寛一
┃■E-Mail :mailmag@cross-r.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Copyright (c) 2013 CROSS ROADS Co., Ltd. All Rights Reserved.

公開講座開催日程

どなたでも参加できる公開講座を

東京(永田町)上海(徐家汇)で定期的に開催しています。

 

2017年9月開催(上海)

●講演:相手を無理なく動かす

   「大人の対話力」とは

  ⇒9/11(月)15:00~17:00

 

●研修:サポーティブリスニング

  ⇒9/13(水)9:30~18:30

 

 

2017年10月開催(東京)

●講演:相手を無理なく動かす

   「大人の対話力」とは

  ⇒10/17(火)15:00~17:00

 

●研修:サポーティブリスニング

  ⇒10/4(水)9:30~18:30

 

●研修:ストーリーシェアリング

  ⇒10/11(水)9:30~18:30

 

「サポーティブリスニング」

「ストーリーシェアリング」は

クロスロード(株)の登録商標です。