vol.167 => 「そもそも論」が悪いわけではない・・・

□■□■--------------------------------------2012.7.17------□■□■

ビジネス・ストーリーライターの辻口です。


今日は、

   「そもそも論を話し合う」のが悪いわけではなく、

   「そもそも論を話し合うタイミング」が悪いのです。

というお話です。

 

みなさんは、「そもそも論を話し合う」ことについて、

どのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

どちらかと言うと、

      「今さら議論しても仕方ない」

      「抽象的な話で、時間のムダ」

などの、ネガティブなイメージが大きいのではないでしょうか。

 

実際に、「そもそも論」というのは、

     「何かを実行しようとしている人」に対して、

     「それに反対している人」が吹っかける。

というケースが多いんですね。

 

だから、どうしても、

ネガティブなイメージが強くなってしまう・・・。

 

でも、これは「そもそも論」が悪いわけではないのです。

 

「そもそも論を話し合うタイミング」が悪いんです。

 

もっと早い段階で「そもそも論」を議論して、

その上で実行に取り掛かればいいのですね。

 

でも、議論するのが面倒なので、

どうしても「なし崩し」にしてしまい、

なんとなくムードで話を進めてしまう・・・。

 

こんなことが、多くありませんか?

 

例えば、採用活動などでも、

「そもそも、なぜ人材が必要か」ということを話し合わずに、

なんとなくムードで話を進めてしまう。

 

ちょっと、大きな話をすれば、

今話題になっている原発の問題なども、

「そもそも、なぜ原発が必要か」ということを話し合わずに、

なんとなくムードで進めてきた面があると思います。

 

まあ、推進派の人たちは、

「それなりに議論を尽くしてきた」と考えているのしょうけどね。

 

話を企業経営に戻しますが、私は多くの企業を見てきて、

比較的状況のよい会社、動きのスムーズな会社ほど、

「そもそも論」を大事にしていると感じています。

 

そして、日常的に「そもそも論」を話し合う習慣があります。

 

日常的に「そもそも論」が話し合えると、

社員は会社や経営陣が信じられるようになり、

仕事の意義も感じられるようになるんです。

 

だから、日々の仕事に力が入る。思い切って仕事が出来る。

 

逆に、ギクシャクしている会社は、

日常的に「そもそも論」を話す機会が少ない。

 

「そもそも論」よりも、

「いいからやれ!」「つべこべ言わずに、黙ってやれ!」

という感じですね(^^)

 

そういう会社の社員は、

自分を押し殺して、惰性で仕事をするようになります。

 


「飲みニケーション」は、良し悪しがありますが、

日常的に「そもそも論」を話し合う機会としては、

とても良い機会だと思います。

 

まあ、必ずしも酒を飲まなくてもいいのですけどね。

 


繰り返しますが、

「そもそも論を話し合う」のが悪いわけではなく、

「そもそも論を話し合うタイミング」が悪いのです…。

 


まあ、私もエラそうなことを言っていますが、

まだまだ足りません。

 

今週末、息子と富士山に登る予定でいますが、

    そもそも、なんであなたはこの忙しい時期に、

    ムリして富士山に登らなきゃいけないのよ?

と、カミさんに「そもそも論」を吹っかけられています。

 

これも、なんとなくムードで進めてしまったツケです(苦笑)

 

---------------------------------

 ●編集後記

  夏カゼの人が多いですね。私もまだ本調子ではありません。

  みなさんも、ご自愛くださいね。

---------------------------------

※ 本文中、話をわかりやすくするために割り切った表現をしています。

  ご容赦くださいませ。


※ 「ものがたり」「物語的」はクロスロードの登録商標です。


※ クロスロードは、「物語・ストーリー」を活用することで、

  企業経営を支援する事業を展開しています。


※ このメールは、クロスロードが今後もお付き合いしたい方々に対して、

  たまに思い出してもらいたいなあ…と、勝手に送りつけております。

           申しわけありません  <(_ _)> 
 
  でも、辻口自身が、ウンウン悩んで、本質的なことを書いています。


※ 本メールで得たノウハウや考え方、ヒントなどを、転用、転載、転送

  するのは、まったく構いません。むしろ積極的にやってくださいね。

  私の考え方って、決して人を不幸にするものではないと思うんです。

  多少なりとお役に立てるなら、こんなに嬉しいことはありません(^^)


※ 当社のホームページからメルマガ登録ができます。お知り合いの方で

  内容に興味のありそうな方がいらしたら、ぜひおすすめしてください。


※ 「辻口にひと言!」という方は、本メールにそのままご返信ください。


▼配信停止・配信先変更をご希望の方は、こちらからお手続き願います。
 http://bit.ly/jBefzV

▼その他、本メールに関するお問い合わせはmailmag@cross-r.jp まで
 
 お願いいたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■発行元 :クロスロード株式会社  http://www.cross-r.jp/
┃■発行人 :ビジネス・ストーリーライター 辻口 寛一
┃■E-Mail :mailmag@cross-r.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Copyright (c) 2012 CROSS ROADS Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

 

公開セミナー・公開講座

どなたでも参加できる公開セミナー公開講座を開催しています。

 

2017年8月開催

●公開セミナー

  聞くことが主軸の

   「大人の対話力」とは何か

  ⇒8/2(水)15:00~17:00

 

●公開講座

  サポーティブリスニング

  ⇒8/7(月)9:30~18:30

 

●公開講座

  ストーリーシェアリング

  ⇒8/21(月)9:30~18:30

 

 

2017年10月開催

●公開セミナー

  聞くことが主軸の

   「大人の対話力」とは何か

  ⇒10/17(火)15:00~17:00

 

●公開講座

  サポーティブリスニング

  ⇒10/4(水)9:30~18:30

 

●公開講座

  ストーリーシェアリング

  ⇒10/11(水)9:30~18:30