vol.163 =>「動こうとしているものを動かす」のと・・・

□■□■--------------------------------------2012.6.18------□■□■

ビジネス・ストーリーライターの辻口です。


今日は、

   「動こうとしているものを動かす」のと、

   「動こうとしていないものを動かす」のは、違う・・・。

というお話です。

 


前回、私なりの「人材の定義」について触れたところ、

とても多くの方々から、コメントをいただきました。

 

その多くは、

    なるほどねえ。わかるような気がするよ。

    でも、「相反する要素を高い次元で兼ね備える」ってのは、

    難しいなあ・・・。

というコメントでした(^^)。

 

特に、中小企業の場合には、

「高い次元も何も、そもそも、社員が動かないんだよ」

という声がたくさん寄せられました。

 

社員や部下が、思うように動かない・・・。

 

これは、経営者だけでなく、

「メンバーを持つ人の共通の悩み」かもしれませんね。

 

そして、社員を効果・効率的に動かすために、

様々なマネジメント論が存在します。

 

そこで、私が気をつけてきたのは、

    同じ「動かないものを動かす」という行為でも、

    「動こうとしているものを動かす」のと、

    「動こうとしていないものを動かす」のは違う。

ということです。

 

ちょっと、感覚的な言い方になりますが、

「動こうとしているものを動かす」のであれば、

「背中を押す、きっかけを作る、ヒントを与える」などの

「ちょっとしたアクション」を提供しますよね。

 


一方、「動こうとしていないものを動かす」のであれば、

それこそ、「よっこらしょ、よっこらしょ」と

動かし続けなくてはいけません。

 

これは、大変な労力を必要とします(^^)。

 

どちらも、「動かないという状態は同じ」です。


しかし、

      「動こうとしているもの」と

      「動こうとしていないもの」では、

      「動かす労力」に大きな違いが出る。

のです。

 


すなわち、企業で言うと

    「マネジメントにかかる負荷が、まったく違う」

ということになります。

 

「企業再生のプロ」と呼ばれる人たちは、

この違いをよく理解しています。

 

彼らは、まず社内を見渡して、

「動こうとしていたけど、動かなかった人たち」を探します。

 

そして、「動かなかった理由」を取り除きます。

 

JALの再生なども、そうです。

 

中堅社員たちは、

「ホントは、こうするべきなのに・・・」と、

本来自分たちがやるべきことが、わかっていたと言います。

 

でも、以前のJALは、

政治的な思惑などで左右されることが多かった。

 

そのため、中堅社員たちは、

「自分たちがどうこう言ったところで、仕方がない」と、

あきらめてしまっていたのです。

 

JALの再生チームは、

そうした政治的なしがらみなどを排除して、

中堅社員たちが、動けるようにしてあげたそうです。

 

すなわち、

「動こうとしていたけど、動かなかった人たち」を

動かしたわけです。

 

では、「動こうとしない人たち」は、どうすればよいのか?

 

「入れ替える」ことです。

 

動こうとしない人たちを、無理に動かす必要はないのです。

 

まあ、実際には、そう簡単には行かないんですけどね(苦笑)。

 

でも、

    同じ「動かないものを動かす」という行為でも、

    「動こうとしているものを動かす」のと、

    「動こうとしていないものを動かす」のは違う。

ということは、ぜひ気をつけてみてください。

 

「動こうとしているものを動かす」には、

小難しいマネジメント論なんか、必要ありません。

 

それこそ、今夜、

「社長とヤキトリとビールの三点セット」を提供するだけで、

動き始めるかもしれませんよ(^^)/

 

---------------------------------

 ●編集後記

 この週末、今度は39度近くの熱を出してしまいました。

 元々、体は強いほうなのですが、疲れが溜まっているのかな・・・。

 おかげさまで、今は快方に向かっています。

 水曜日にセミナーがあるので、早く治さなきゃ・・・。


■□■□-----------------------------------------------------■□■□


 ●セミナーのお知らせ

 お待たせしました!「聞き上手になるためのセミナー」開催です!

 

 辻口が「ものがたり」を作成する上で活用している「聞くノウハウ」を

 体系化してお伝えする「クロスロードで最も人気の高いセミナー」です。

 

 「これって、どうやって聞き出せばいいんだろう?」と思うようなことが、

 簡単に聞き出せるようになります。

 

 しかも、尋問という感じではなく、相手に喜んでもらいながら・・・。

 

 これこそが、「真の取材力」ですよね。

 

 とはいえ、催眠術をかけたりするわけではありませんよ(笑)。

 

 聞いてみれば、誰でも「ああ、そうすればいいのか」と納得できる、

 常識的で、当たり前のことです。

 

 それを、きちんと体系化してお伝えするのが、このセミナーです。

 

 昨年は、「原理・原則編」「実践編」と分けて提供していましたが、

 今年は、それらを整理・統合した新バージョンで提供しています。

 

 楽しみにして、いらしてくださいね(^^)/


 名称  「聞き上手になるためのセミナー」

 日程  6/20(水) 19:30~21:30(19:00開場)

 場所  スター貸会議室 飯田橋
    
     東京都千代田区飯田橋3-4-3 エレガンス飯田橋2階
    
     詳細地図→ http://bit.ly/jfhqDO


 内容  1.なぜ「相手の話を聞く」ことが出来ないのか?

     2.こうすれば、相手はホンネを話しやすくなる

     3.すぐに使える、「ホンネを聞き出すノウハウ」

     4.相手が大いに話してくれる「雰囲気の作り方」

     (内容は、検討の結果、修正・変更される可能性があります)


 予定  19:00       開場 参加者同士の交流

     19:30~21:30 セミナー(途中休憩はありません)

 定員  20名

 料金  5,000円

 申込  「セミナー参加希望」と明記して、このメールにそのまま
     ご返信ください。

 


---------------------------------

※ 本文中、話をわかりやすくするために割り切った表現をしています。

  ご容赦くださいませ。


※ 「ものがたり」「物語的」はクロスロードの登録商標です。


※ クロスロードは、「物語・ストーリー」を活用することで、

  企業経営を支援する事業を展開しています。


※ このメールは、クロスロードが今後もお付き合いしたい方々に対して、

  たまに思い出してもらいたいなあ…と、勝手に送りつけております。

           申しわけありません  <(_ _)> 
 
  でも、辻口自身が、ウンウン悩んで、本質的なことを書いています。


※ 本メールで得たノウハウや考え方、ヒントなどを、転用、転載、転送

  するのは、まったく構いません。むしろ積極的にやってくださいね。

  私の考え方って、決して人を不幸にするものではないと思うんです。

  多少なりとお役に立てるなら、こんなに嬉しいことはありません(^^)


※ 当社のホームページからメルマガ登録ができます。お知り合いの方で

  内容に興味のありそうな方がいらしたら、ぜひおすすめしてください。


※ 「辻口にひとこと!」という方は本メールにそのままご返信ください。


▼配信停止・配信先変更をご希望の方は、こちらからお手続き願います。
 http://bit.ly/jBefzV

▼その他、本メールに関するお問い合わせはmailmag@cross-r.jp まで
 
 お願いいたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■発行元 :クロスロード株式会社  http://www.cross-r.jp/
┃■発行人 :ビジネス・ストーリーライター 辻口 寛一

┃■E-Mail :mailmag@cross-r.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Copyright (c) 2012 CROSS ROADS Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

 

公開セミナー・公開講座

どなたでも参加できる公開セミナー公開講座を開催しています。

 

2017年8月開催

●公開セミナー

  聞くことが主軸の

   「大人の対話力」とは何か

  ⇒8/2(水)15:00~17:00

 

●公開講座

  サポーティブリスニング

  ⇒8/7(月)9:30~18:30

 

●公開講座

  ストーリーシェアリング

  ⇒8/21(月)9:30~18:30

 

 

2017年10月開催

●公開セミナー

  聞くことが主軸の

   「大人の対話力」とは何か

  ⇒10/17(火)15:00~17:00

 

●公開講座

  サポーティブリスニング

  ⇒10/4(水)9:30~18:30

 

●公開講座

  ストーリーシェアリング

  ⇒10/11(水)9:30~18:30